劇団ヘボセンケンカの歴史

劇団ヘボセンケンカの歴史

劇団ヘボセンケンカをプロの劇団として1975年にフィンランドのエスポー市に設立したのは、監督キルシ・シレーン(旧姓アロパルティオ)と舞台装置家サラ・シレーン(旧姓ポポヴィッツ)です。その目的は、人形・音楽劇の表現を多様に用い、創造的で質の高い新しいプロの劇団による劇を3~12歳の子供たちやその家族に提供することにありました。演劇におけるあらゆる分野の確固としたノウハウとプロ技術がその柱となっていました。